Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー島根店にお任せください。

島根店

0120-55-2434 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 外壁塗装と金属サイディングカバー工事の違いを徹底比較!
外壁・屋根
リフォームコラム
外壁塗装と金属サイディングカバー工事の違いを徹底比較!
2021年03月29日
みなさまは、外装リフォーム工事の必要性について考えたことはありますか?
外壁は住宅の外観を印象付ける大切な要素の一つであり、住宅の耐用年数にも関わってくる重要な要素です。
そして外壁の施工には、外壁塗装工事と金属サイディングカバー工事という2種類の施工があることをご存知でしょうか?
外壁塗装とは、ローラーやスプレーガンなどを使って、家の外側を塗料でコーティングする施工のことです。
一方の金属サイディングカバー工事とは、断熱材と塗装された金属基材が一体となった外壁建材を外側に貼る施工のことです。
どちらも外装工事ではありますが、それぞれまったく異なる特徴があります。
そこで今回は、これら2つの外装工事の特徴をご紹介しつつ、メリット・デメリットを比較していきます。
これから外装リフォームをご検討されてる方の参考になれば幸いです。


どっちが頑丈?

外装は、住宅の最も外側の部分を守る役割を担っているため、気になるのはその「頑丈さ」ですよね!
はっきりと申し上げますと、頑丈さという観点では、金属サイディングカバー工事が優れています。
先ほど少し触れましたが、金属サイディングカバー工事に用いられるのは、断熱材と金属板です。
これらの建材は非常に軽量なため、従来の外壁材と比較しても圧倒的に軽いのが特徴です。
建材の軽量化は建物全体への負担軽減につながるため、金属サイディングが外装に用いられている住宅は、高い耐震性を得ることができます。
地震大国日本において地震に強いことは、非常に大きなメリットであると言えるでしょう。
また頑丈なだけでなく、断熱材が組み込まれていることから、夏は外熱を遮断し冬は外に熱を逃がさないという、高い断熱効果が得られるのも強みの1つです。
金属サイディングは、頑丈なだけでなく住みよさも確保してくれる、とても優秀な建材といえるでしょう!
一方の外壁塗装は、金属サイディングと比較すると、頑丈さという観点ではどうしても劣ってしまいます。
壁の上から塗膜を塗り付けるという施工の性質上、長く住んでいるうちに塗装にヒビ割れが生じてしまうことも外壁塗装の弱点です。
ですから、金属サイディングでの施工であればヒビ割れのリスクが少なくすむ事は、大きなメリットといえるでしょう。

 

耐用年数の長さは?

ここでは、外壁塗装と金属サイディング、それぞれの耐用年数を見てみましょう。
一般的に、外壁塗装は10年が塗り替えの目安だと言われますが、実際には使用した塗料の種類ごとに耐用年数の違いがあるのです。
外壁塗装に用いられる塗料は、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系、無機系となっており、おおよそ5種類に大別されます。
耐用年数の目安は、アクリル系は5~7年、ウレタン系が6〜10年、シリコン系が8〜15年、フッ素系が15~20年、無機系が20〜25年と言われています。
単純な期間の長さだけを見ればフッ素系塗料が最も優秀ですが、費用が高価格になってしまうことからこれまでは普及グレードのシリコン系塗料に人気が集まっていました。
しかし、現在は、コストパフォーマンスと耐用年数とのバランスが優れていることから、シリコン系塗料だけでなく他の高機能塗料もシェアを伸ばしています。


一方、金属サイディングカバー工事は、細かく分類すればいくつかの素材が存在していますが、その耐用年数は一律30年ほどとされています。
年数だけを見れば、金属サイディングの耐用年数が長いですが、耐用年数が長いからといって30年間放置することはできません。
金属は表面に傷がつかないわけではありませんし、表面の塗装が剥げてくるとサビが発生する可能性だってあります。
これらを防ぐためには、10年前後のスパンを目安とした、メンテナンスが必要不可欠なのです。

デザイン幅が広いのは?

次に見ておきたいポイントは、デザインの幅の広さです。
外壁のデザインは、そのまま住宅の個性に反映されるため、それぞれの特徴をしっかりと把握しておきたいですよね!
結論から言えば、デザインの幅は金属サイディングよりも外壁塗装の方が充実しています。
金属サイディングにも多くの柄や色の種類がありますが、外側の部分に金属が用いられているため、いずれもスマートで清廉な印象になってしまいがちです。
それに比べ外壁塗装は、ローラーやスプレーガン、刷毛など、用途に応じた道具や塗料を使用することで、細かく塗り分けることが可能です。
このように、外壁塗装であればバリエーション豊かな施工を実現できるため、多種多様なご要望に応えられるといえるでしょう。

 

費用が安く済むのはどっち?

最後にチェックしておきたいのは、それぞれの施工にかかる費用です。
外壁塗装の大まかな費用目安は、地域によっても異なりますが一般的に住宅の面積が約30坪の場合だと、60~100万円程度といわれています。
建物の構造や工法、先ほどご紹介した塗料のグレードによって上下しますが、基本的にはこの価格帯であることが多い傾向にあります。
一方、金属サイディングカバー工事は、同じく約30坪の住宅で、180~300万円ほどが費用目安といわれています。
費用だけを比較すると、外壁塗装の方が安価な価格帯となりますが、ここで注意したいポイントが1つあります。それは、外壁塗装はすべての住宅に効果的ではないという点です。
例えば、既に大きく損耗してしまっている外壁に塗装を施しても、うまく塗膜が形成されない場合があります。
このようにダメージが大きい場合は、金属サイディングでのカバー工事を選ばざるおえないケースがあることを、あらかじめ理解しておきましょう。

 

まとめ

今回は、外壁塗装と金属サイディングカバー工事という2つの施工について、ご紹介させていただきました。
外壁は、住宅において最も人目に触れる部分です。また、家の外側と内側を遮る部分であるため、お家の住み心地を大きく左右する重要な役割を担っています!
メンテナンスとしてリフォームを行う場合においても、外壁塗装と金属サイディングカバー工事は、いずれも一長一短。一概にどちらが優れているとは言えません。
しかし、頑丈さや耐用年数、費用について異なる特徴があるため、ご自身のニーズを再確認して検討していくと良いでしょう。
今回ご紹介させていただいた内容を、理想の住宅造りにぜひお役立てください。
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!